関西のお出かけ情報 洲本城

洲本城



IMGP1283.JPG



洲本城は、大浜公園側の政庁として築かれた平城、背後の三熊山に築かれた山城と、2つの顔があります。

城としての魅力的なのは、やっぱり山城の洲本城 です。

残念なことに現在は、天守閣は残っておらずかわりに昭和3年に天守閣が復元されています。


日本で一番古いセメントでの天守閣だそうです。


ちなみに天守閣には、上がることはできません。





IMGP1281.JPG


IMGP1282.JPG


三熊山の山頂には、総石垣造りの本丸・東の丸・南の丸等の曲輪が、 はっきりと残っています。

特に、本の丸南側の虎口と大石段、本の丸西側の高石垣が見事です。





IMGP1287.JPG




天守台の上には、天守閣風の展望台が建ています。

この天守台に続く櫓台上からは、大阪湾を一望でき、その見晴らしは抜群です。






IMGP1288.JPG

遠くには、紀伊水道に浮かぶ沖ノ島その奥には、和歌山が望めます。






沿革

1526年大永6年)、三好氏の重臣・安宅治興が築城した。治興の後は養子安宅冬康三好長慶弟)、冬康死後は長男信康、二男清康へ受け継がれ[1]1581年天正9年)の淡路討伐の際、総大将羽柴秀吉に降り、城は仙石秀久に与えられた。しかし、秀久は九州征伐の際に軍律違反を犯して高野山へ追放され、かわって脇坂安治が城主となり、天守が造営されるとともに、石垣の大改修の際、倭城での経験から「登り石垣」が築かれた。

江戸時代になり、姫路城池田輝政の三男忠雄が領主になった際に廃城となり、まず岩屋城、次に由良成山城に居城する。これは関ヶ原の戦い以降も、豊臣方大名の動きを牽制するために、徳川家と縁戚関係にある池田氏(忠雄の正室は徳川家康の孫)に播磨灘大坂湾一帯を防衛させるためとされる。

大坂夏の陣の後、徳島藩蜂須賀氏の所領となり、筆頭家老の稲田氏一族が由良城代となるが、交通の便が悪いなどの理由から1631年から1635年にかけて由良城を廃して洲本城に再び本拠を移した。この移転は城下町ごとの大移転であったため俗に「由良引け(ゆらびけ)」と呼ばれている。 現在は曲輪、石段、石垣跡などが残る。天守台からの眺望「大浜を大観」と三熊山東側展望台からの「マリーナを展望」は洲本八景の1、2に選ばれている。

現在ある模擬天守は、1928年昭和3年)に御大典(昭和天皇の即位式)を記念して、鉄筋コンクリート製で築造されたもので、江戸時代の天守を復元したものではないが模擬天守としては日本最古のものである。展望台に特化した建物で、天守台まで建物の一部となっている姿は特徴的である。

「由良引け」以降に築かれ、明治まで続いた「下の城」とは史跡としては全く別の時代のものと考えられ、「上の城」と分類 されている。

上の城は1999年平成11年)1月14日、国の史跡に指定され、下の城も洲本市の史跡に指定されている。 下の城の跡地にはかつての洲本城(上の城)に関する資料を展示する洲本市立淡路文化史料館などがある。

近年[いつ?]、石垣のライトアップや周辺の樹木の伐採を行うなど整備が行われている。2011年(平成23年)3月はじめに模擬天守の壁面にひび割れが見つかり、補修工事を行うことになったため模擬天守への立ち入りは禁止されていたが[2][3]、2013年3月から本格的に改修工事が行われ[4]、9月までに屋根瓦の吹き替えと耐震補強工事が完了した[5][6]。改修後の模擬天守は展望台の機能は失われている。(Wikipediaより引用)









スポンサーリンク




にほんブログ村 旅行ブログ 近畿お出かけスポットへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ現在二つのブログにエントリーしています。一日一回のクリックで応援よろしくお願いします。
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!


この記事へのコメント