今日の気になる記事


兵庫県南あわじ市で昨年4月に出土した松帆銅鐸(どうたく)について研究者が解説する


歴史講座が24日、


洲本市文化体育館文化ホールで開かれます。


yjimage.jpg





洲本ロータリークラブが主催。




創立60周年記念事業で昨年開催した歴史講座



「洲本の街はこうしてできた」が好評を博したことから、第2弾で企画した。




講師は奈良文化財研究所(奈良市)の埋蔵文化財センター長を務めた現客員研究員の難波洋三氏。




松帆銅鐸の発見と謎」と題して語ります。





後2時~3時半。無料。



yjimage.jpg










興味のある方は同館や淡路文化史料館(洲本市山手)にあるチラシに名前や住所、電話番号を書き、




ファクス(0799・26・0101)で申し込んでください。





この淡路島にも古代の人がいたんですね。


それも銅鐸が工事現場から発掘されたそうです。


国宝級ですね。


よく重機で破損しなかったものですね。


見つけてびっくりですね。


レプリカは、文化資料館に置かれていますので。


興味のある方は、こちらによられるといいですよ。👇









スポンサーリンク




にほんブログ村 旅行ブログ 近畿お出かけスポットへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ現在二つのブログにエントリーしています。一日一回のクリックで応援よろしくお願いします。
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!



この記事へのコメント